ウーロンゴン大学 通信教育で学ぶTESOLプログラム

様々なコース

ウーロンゴン大学TESOL通信教育へようこそ

このプログラムは世界でも有数のオンラインTESOLプログラムで、通信教育を履修中の学生はオーストラリア国内をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど様々な国にまたがっています。

TESOL通信教育では、インターネットを介して学習を進めます。そのため、ネットにアクセスできる環境があれば、いつでも、どこでも学習が可能です。
履修開始時に大学から指定される大学のメールアドレスとパスワードを使って、担当のチューターに連絡をしたり、コース毎の教材をダウンロードすることも出来ます。またチューターはオンライン学習システム “Moodle” を使って、オンライン上でのディスカッションや対話の時間を設定してくれるので、それを使って他の学生や教授とコミュニケーションを取ることも出来ます。

TESOL通信教育では、以下の学位を取得することが出来ます。

  • Master of Education TESOL
  • Graduate Diploma in TESOL
  • Graduate Certificate in TESOL
学位 入学条件 英語力 期間 履修必要科目数 その他
Master of Education in TESOL 大学を卒業していること。または卒業見込みであること。 ・IELTS 6.5(各セクション6.0)
・TOEFLiBT 88 (R18、W18、L18、S18)
または大学付属英語コースを規定の成績で修了
最短1.5年(教員経験3年以上ある方:1年間) 12科目  
Graduate Diploma in TESOL 大学を卒業していること。または卒業見込みであること。 ・IELTS 6.5(各セクション6.0)
・TOEFLiBT 88 (R18、W18、L18、S18)
または大学付属英語コースを規定の成績で修了
最短1年間 8科目 24単位(4科目)まではMaster of Education in TESOLの単位として振り替え可能。
Graduate Certificate in TESOL 大学を卒業していること。または卒業見込みであること。 ・IELTS 6.5(各セクション6.0)
・TOEFLiBT 88 (R18、W18、L18、S18)
または大学付属英語コースを規定の成績で修了
最短15週間(1学期) 4科目 12単位(2科目)をGraduate DiplomaまたはMaster of Educationの単位として振り替え可能

 
 

Master of Education (TESOL)

Master of Education (TESOL)は、英語教育の専門家としてのキャリアを目指す方 や教育機関で指導的役割を果たす方にとって最適のコースです。

ウーロンゴン大学のMaster of Education in TESOL は、国際的な評価を受けており、オーストラリア国内外の学生から注目されています。Master of Education では、研究や理論、実践のトレンドや課題を扱います。それにより学生は、第二言語の発達、談話分析、教育文法、研究手法、言語アセスメント、特殊な用途の英語、コンピューターを介した言語習得法などについて深く理解することが出来ます。

Master of Education (TESOL)は1.5年間(フルタイム)から3年間(パートタイム)で修了することが可能です。1年間で修了するには、同時に4つの科目を履修する必要があります。

Master of Education の科目は、TESOL分野の先進的な講師陣によってデザインされており、当大学の語学教育部門は国内でも特別な評価を受けており、教育や研究プログラムは 政府からも質の高さを認められています。教育実践、言語分析、言語発達や政策課題などこの修士プログラムの研究は、理論的に確証があり研究の最先端を行くものです。
Master of Education (TESOL)は、TESOLの専門家として理論と実践のより深い理解を目指す方を対象としています。

*英語教員資格ではありませんのでご注意ください。

 
 

Graduate Diploma in TESOL

Graduate Diploma in TESOLは、英語教育の分野における実務に即した専門の資格です。英語教員や教育者の、幅広い個別の専門ニーズに対応しています。受講者は第二言語教授法の基礎となる様々な科目を選択することが出来ます。大半の就職先で必要となるTESOLの教育実習もコースに含まれています。

Graduate Diplomaは、以下のような教育者や学生の多様なニーズを熟知した、経験豊富な教員と講師によってコースデザインされています。

  1. 通常クラスまたは特別クラスにおいて、初等/中等/成人レベルで移民や先住民の生徒に教えたい方
  2. キャリア転換を図りたい教員 例)ESLの教員、留学生の進学準備など
  3. 英語を海外で教えたい教員
  4. TESOLの理論と実践を応用しようと考えている英語以外の言語の教員
  5. 最新の英語教授法を中心に学べて、かつ修士課程への進学も可能な課程を探している留学生

Graduate Diploma in TESOLはTESOLの教員としての資格と学位を目指す学生を対象としており、教員の経験は必須ではありません。

このコースではオーストラリア国内外の子供や学生、成人など多様なケースに対応するようにしています。それによって学生は第二言語の発達や言語体系、コンピューターを介した第二言語教授法の実践的なスキルなどを深く理解することが出来ます。
Graduate Diploma in TESOLは、フルタイムならば1年、パートタイムならば3年で履修が可能です。教育学修士(Master)に進む学生は24単位までが、振替えることができます。教育学の専攻のバックグランドがない学生にとっては修士課程の入り口となります。

教育学修士(Master)に進む学生は12単位までが、振替えることができます。
 
 

Graduate Certificate in TESOL

Graduate Certificate in TESOLはオーストラリア国内または海外で英語を母国語としない子供から大人に英語を教える教師として働くための資格を取得できるコースで、第二言語を教えた経験のない方向けに実践的な資格が取得できるコースです。

Graduate Certificate in TESOLは15週間(フルタイム)から18ヶ月(パートタイム)で修了することが可能です。15週間で修了するには、同時に4科目履修する必要があります。通常は最低でも6ヶ月ほどかけてこのコースを修了するよう勧めています。

PAGETOP
Copyright © ICC国際交流委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.